ギークカアチャン

エンジニアとカアチャンの隙間に

ベビーマッサージにいってみた

実家から戻ってお正月も過ぎると、赤子と向き合う日々。1週間過ぎた頃にはさっそく飽きました。あまり引きこもってるのも精神的によくない。なので、ベビーマッサージ行ってきました。成増のジェリクルさんです。

 

ベビーマッサージって、マッサージでスキンシップをはかる→赤子リラックス→よく寝るという効果があるらしいです。赤子も私も幸せでwin-winですね(古い)。生後2ヶ月過ぎからやれるとか。

 

まずオイルを手で暖めてから、歌に合わせてマッサージしていきます。足から。

 

 

赤子は腹を触られるのが嫌らしく途中泣いたりしてましたが、一緒にいらしてた方のお子さんと視線で交流しているうちに、なんとか全身マッサージできました。いつもオムツやおふろで素肌に触れてはいますが、改めてマッサージという形で肌をふれあうというのはいいもんですね。なんとなくほっこりしたりして。

 

最後にお茶をいただきつつ、私の腕のマッサージもオプションでやっていただきました。ゆるむ、ゆるむわー。

 

正直なところ、エンジニアは手が命だったりするじゃないですか。産後はホルモンの関係で腱鞘炎になりやすいらしいので、手が悪くならないよう気を使ってきましたが、やっぱりそれでも長時間だいていると痛くなってくる。なのでこのオプションはとてもよかったです。

 

とてもいい息抜きになりました。というか外に出るだけでやっぱりすごくリフレッシュしますね。家にいるとやっぱり息が詰まる。生後間もない子をつれて外出するのは賛否両論あるだろうけど、外に出るのもいいものです。うん。

広告を非表示にする